30代の化粧品選び

30代の悩み

30代になると、10代や20代の頃とは違って、無理がきかない体になります。 自分のためだけに使っていた時間も、仕事や家事・育児のために使わなければなりません。 しかし、ここであきらめたくないのが、お肌年齢の老化です。 お手入れする時間ももったいないという方は多いですが、だからこそ、自分にぴったりと合った基礎化粧品を選ぶことが大切なのです。 30代になると、お肌のターンオーバーも遅くなってくるといわれています。 夜更かしや不摂生はなるべくしたくありませんが、忙しい場合はやむをえません。 基礎化粧品を見直すには、まず自分のお肌の状態を知ることが第一です。 乾燥肌なのか敏感肌なのか、オイリー肌なのか混合肌なのか、それによって、使用する基礎化粧品も違ってきます。

基礎化粧品を見直そう

30代になると、お肌のトラブルは格段に増えます。 シミやシワ、大人にきびやそばかすなど、ポイント対策も必要となるのです。 保湿を重視したい方は、基礎化粧品にセラミドを多く配合されたものを選びましょう。 美白が一番という方には、ビタミンCを含むものが良いとされています。 日焼けが気になる方は、SPF値が高い基礎化粧品を使用してみて下さい。 特に日焼け止めは、SPF値が低いものであっても、何度か塗り直しすることによってその効果が充分に発揮されます。 どの基礎化粧品も値段は様々ですが、30代になり、経済的に余裕があるという方には少し高めのものをおすすめします。 もちろん、安いものでもしっかりと浸透させることによって効果はありますから、自分に合ったものを選ぶことが大切です。